テクノホーム
  • ブログトップページ
  • 住宅イベント情報
  •            
  • 不動産投資イベント情報
  • スタッフブログ
  • 最新の施工事例

2020年12月24日

futagamiペンダントライト(壬生町M様邸)

Filed under: 家にまつわる豆知識 — technohome @ 11:46 AM

71928445-F21B-497E-9A7A-335E3448FE06

М様邸のキッチンの上に吊り下げられた(写真)このランプはfutagami(フタガミ)製。M様邸のリビングの雰囲気をグッと引き上げていました。

まるで古代の発掘品のような佇まいをみせる、高岡鋳物が培ってきた真鍮の伝統的着色技法で『黒ムラ』と呼ぶそうです。
一般的な塗装やメッキとは異なり、画一的ではなく、ひとつひとつ表情があり、暖かみのある古美な金属の表情を作ります。
使い込むと経年変化により、味わい・色味が深まり、真鍮鋳肌と同じように深い色に落ちつきます。仏具や仏像を昔から手がけてきた高岡鋳物に古くから伝わる着色技法です。

富山・高岡にて1897年(明治30年)創業の真鍮の鋳物メーカー『二上』が、
真鍮の生活用品ブランド 『FUTAGAMI』 を立ち上げました。
真鍮は耐腐食性が強く、加工が比較的容易で、太古から建築金物、船舶金物、家具金物など、様々な分野で使用されてきました。
また素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史があります。
真鍮は使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、
人と場所に馴染んでいく素材です。

ホンモノの素材に囲まれてゆったりと過ごす、テクノホームのコンセプト『ロングライフデザイン』に溶け込みます。多くのお客様が取り入れている素敵なランプです。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment