テクノホーム
  • ブログトップページ
  • 住宅イベント情報
  •            
  • 不動産投資イベント情報
  • スタッフブログ
  • 最新の施工事例

2020年2月8日

節約して寒い冬を乗り越えよう!その③~結露対策編~

Filed under: 家にまつわる豆知識 — technohome @ 10:09 AM

こんにちは!岩井です。

前回は、「~結露が招く悪影響編~」をご紹介させていただきました。

@簡単におさらいです

・なぜ結露が発生するのか?

室内の暖まり湿った空気が、冷たい窓面に冷やされ水滴が発生するため。

・結露が招く悪影響

1.カビ、ダニの発生2.柱等の木材の腐朽3.断熱材の腐食

 

追記:結露は窓面だけではなく、壁の中でも発生することがあります。

壁内結露は断熱材の劣化や断熱性能の低いことが原因になることがあります。

これらを踏まえ、今回は結露対策&結露防止グッズをご紹介して行こうと思います。

 

~結露対策~

 

① 換気

・結露の原因となる湿気を家の中から出すため、適度に窓を開け換気したり、換気扇を回すことで、

湿度を下げることができまます。

換気扇フリー

 

 

 

 

 

 

 

②非開放型暖房を使用しましょう。

・暖房には開放型と非開放型があります。

開放型暖房器具とは、石油ストーブやガスファンヒータなどです。

これらは水蒸気を発生させるため湿度が上がります。

結露を抑えるためには非開放型暖房のオイルヒータやエアコンなどを使用すると良いです。

エアコンフリー

 

 

 

 

 

 

③結露を防止するグッズ

・食器用洗剤:水で薄めた食器用洗剤を窓ガラスや結露しやすいところに

雑巾等で拭き上げると車の撥水コートと同じ要領でコーティングされるので結露を防止できます。

コーティングする前に窓ガラスをきれいに拭き上げると良いです。

 

・窓下専用ヒーター:窓下を温め上昇気流を発生させることで結露を防止します。

結露への効果は抜群ですが、初期費用と電気代がかかるのでよく検討してください。

 

・結露給水テープ:窓ぎわの結露対策としておすすめです。

サッシ枠周りに貼ることで落ちてきた水滴を吸収してくれるため、カビの発生を防いでくれます。

 

※「節約して寒い冬を乗り越えようその①」でご紹介したグッズは省略しております。

 

出典先:窓、結露の原因は?メカニズムと5つの対策!

 

 

~次回予告~

テクノホームでは、内部結露が起こりにくいよう

断熱材を「セルロースファイバー」を使用しております。

次回は、テクノホームの断熱工法についてお伝えしていきたいと思います。

 

iwai

 

 

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ