テクノホーム
  • ブログトップページ
  • 住宅イベント情報
  •            
  • 不動産投資イベント情報
  • スタッフブログ
  • 最新の施工事例

2019年9月24日

ヒートショック現象

Filed under: 家にまつわる豆知識 — technohome @ 7:35 PM

こんにちは、住谷です。

最近日が落ちるのが日に日に早くなっているのを感じます。

こないだまで夏だと思っていたら、すぐに、秋、そして冬が来てしまう。

1年ってあっという間です、、、

今回は冬になる前にお伝えしておきたい事

「ヒートショック現象」に

ついて以前参加させて頂いたセミナー資料をもとにお伝え出来ればと思います。

このグラフは冬季(11月~3月)に家の中で心臓病や脳卒中などの循環器疾患がより多く発生していることを表しています。

冬季過剰死亡最も多い県

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の住宅はリビングは暖かいけれども、その他の空間は冷えていることが原因の1つとなっています。

この温度差が

ヒートショック現象

を引き起こします。

・・・そしてこの冬季死亡増加率が最も多いのが

なんと!

栃木県

なんです・・・

日本でも温暖な県で冬の死亡増加率大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県は極端に暑くも、寒くもない一年を通じて暮らしやすい県です。

また、大きな災害が少ない県でもあり、家を構えるなら最高の県だと思います。

しかし、安定しているからこそ断熱や耐震に関する設備は不足している県でもあります。

講師の星先生曰く、

家じゅうの温度を1年を通じて一定に保つこと

が、健康に長生きする秘訣なんだそうです。

「夏すずしく、冬あたたかい」住宅とは、ただ、快適に過ごせるだけでなく、健康に生活を送るために必要な物なんだと再認識出来たセミナーでした。

Sumiya

出典:首都大学東京・名誉教授 星 旦二 先生

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ