テクノホーム
  • ブログトップページ
  • 住宅イベント情報
  •            
  • 不動産投資イベント情報
  • スタッフブログ
  • 最新の施工事例

2019年5月11日

本体工事費以外にかかる付帯工事費とは?

Filed under: 家にまつわる豆知識 — technohome @ 6:00 PM

こんにちは、住谷です。図2

今回は

「本体工事費以外にかかる付帯工事費に」ついてお話しさせて頂きます。

注文住宅雑誌では施工事例のページなどに

本体工事費〇〇〇〇万円と書かれていることが多いかと思いますが、

これは総建築費でないことが多いです。

実際には

本体工事費+付帯工事費+諸経費(土地を購入される方は+土地購入費)

が総建築費となります。

 

図13付帯工事費とは

付帯工事費とは建物本体工事以外に係る工事の総省を言います。

例えば、

住むためには電気、ガス、水道などのライフライン設備が必要になりますので、

屋外電気工事

屋外ガス工事

屋外給排水工事

が必要になります。

地盤が柔らかい土地であれば、

地盤補強費(100万円以上かかる場合もあります。)

が必要です。

駐車場の整備や、植栽、外周フェンスも必要ですので

外構工事費(規模にもよりますが、100万円~200万円程度)

が必要になります。

その他にも付帯工事の項目はございますが、一般的には総建築費の20%程度が付帯工事費と言われています。

※細かい項目につきましては、ご所有されている土地によってかかる費用が変わるので個別でご相談頂ければ調査してお伝えさせて頂きます。

 

想定していたよりも総建築費が高くなってしまって図4

「理想としている家を作れなかった」

という事にならないためにも、初めの資金計画が大事になってきます。

テクノホームではご予約制ではございますが、無料相談会を随時行っておりますので、

失敗しない家づくりのためにも一度ご相談頂ければと思います。

無料相談会のご予約はこちら

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ